近両用メガネについて

遠近両用メガネ(レンズ)は遠くを見るのに適した度数と、近くを見るのに適した度数が一枚のレンズの中に収まるように作られており、遠用から近用まで度数が徐々に変化していき、境目なくスムーズにピントが合うレンズです。